【リメイク】きつかったアームホールを着心地よく

こんにちは

服であなたの魅力を伝える

魅力の研磨士・合田さと子です



こんなリメイクもできます






私が昨年購入したダウンジャケット





実はアームホール部分にゴムが入っていました


おそらくはダウンジャケットを着た時にすっきり見えるようにいれてたんだと思いますが




これが私にはキツイ!




アームホールは年をとるにつれ太くなる部分


お肉が付きやすい部分なんですよね〜




全体的なサイズはよいのですが


アームホールにゴムが入ってることで


下に重ねるものによってはなんとも着心地が悪くなってしまってたのです




ここだけもっとゆるければいいのに・・・と思った私




そこで、思い切ってリメイク





アームホールのゴムを抜く!




で、こんな風に仕上がりました♪


ゴムのはいってたあとが残ってますが


着たらわかりません♪


縫製も綺麗に戻ってます


縫い直したなんて全然わかりません!







さも、自分がやったように書いてますが・・・・



実はこのリメイクは少し難しいので


私の母に頼みました(笑)




母は長年縫製に携わった、縫製のプロ


難しいリメイクは母にお願いする予定です


自分では出来ないことは


その道のプロにお願いするのがshan-to流です









もう少し着心地がよかったら着るのに・・





なんて服があれば1度ご相談くださいね〜





合田さと子

元アパレルデザイナー。おしゃれでHappyになる!をお伝えしています。アパレルからの知識と、おしゃれを楽しむ方法を融合させて「好きを大事に」をあなたに今必要な似合う服をご提案しています。普段着で素敵に、毎日をHappyにしていきましょう。


<合田さと子 プロフィール>

◇ 東京でイトキン(株)にデザイナーとして入社 10代の女子向けのSPBブランドi i MK(アイアイエムケー)で多忙な毎日を過ごす。

その後、神戸で(株)モンテオヴェストにデザイナーとして入社。

神戸ミセス向けの商品に携わる。


0コメント

  • 1000 / 1000