「おしゃれな人」になるのはハードルが高い?

こんにちは

服であなたの魅力を伝える

魅力の研磨士 合田さと子です




どんな「おしゃれな人」が浮かびますか?






昨日、ひめ美塾についてミーティングしていた時

ひめ美塾とは



実はみなさん「おしゃれ」は難しいと感じてる??という話に




先日、診断にきて下さったかたも

「 [おしゃれ] は縁がないと思っていました」

とお話してくれました



もしかしたら簡単に使ってる

「おしゃれ」という言葉は実はハードルが高い??

難しいイメージ??

と思ったんです(いまさら・・!)



よく「おしゃれは身だしなみ」ともいいますよね


または「おしゃれマナー」などとも言われたり



「おしゃれ」って幅広いんですよね〜

使いやすいだけに、人がうけとるイメージも様々



私の中では「おしゃれな人」はこんなイメージなんです











「おしゃれな人」とは



自分の好きなものを楽しんで着ている人

自分の好み・似合う・気持ちを中心にコーディネートをすることが基本


自分の心と身体に馴染むものを知っている人=おしゃれ


誰がみても違和感なく、自分らしい人






「おしゃれ」って特別な人のものではないのです


そして特別なルールもありません




おしゃれは自由な分、迷いやすいだけなんです




自分で自分の「おしゃれ」のハードルをあげちゃってる方も多いです



雑誌のモデルさんのように「こうあるべき!」と思い込みすぎると



自分との違いの違和感に苦しんでしまったり・・・



実にもったいない!





● 「おしゃれ」って苦手

● 「おしゃれ」な人にはなれない





そう思っている方にこそ



お伝えしたいことはたくさんあります



最初のおしゃれのコツは






他人と比べないこと






That's All  ♪



















合田さと子

元アパレルデザイナー。おしゃれでHappyになる!をお伝えしています。アパレルからの知識と、おしゃれを楽しむ方法を融合させて「好きを大事に」をあなたに今必要な似合う服をご提案しています。普段着で素敵に、毎日をHappyにしていきましょう。


<合田さと子 プロフィール>

◇ 東京でイトキン(株)にデザイナーとして入社 10代の女子向けのSPBブランドi i MK(アイアイエムケー)で多忙な毎日を過ごす。

その後、神戸で(株)モンテオヴェストにデザイナーとして入社。

神戸ミセス向けの商品に携わる。


0コメント

  • 1000 / 1000